トンコハウス展「ダム・キーパーの旅」

ニュートラルコーポレーションはコミュニケーションプランニング,制作協力を行った

 

トンコハウスというアニメーション・スタジオは元ピクサーのアート・ディレクターである堤大介氏とロバート・コンドウ氏の二人のクリエーターが立ち上げたアニメーション・スタジオである。

今回の展示会のメインでもある「ダム・キーパー」は二人が初めて監督を務めた短編映画第一作で,
2015年のアカデミー賞にもノミネートされている。

本展では「ダム・キーパー」のキャラクターデザインや背景やストーリー設定などのアートワークを中心に展示。
また世界8カ国の映画祭で24もの賞を受賞した最新作「ムーム」のコーナーや新たなプロジェクトの展示も見ることができる。

日本が誇るイラストレーター上杉忠弘氏とトンコハウスとの間で進行中のコラボレーションの作品も初めて本邦初公開。

場所 期間
石ノ森萬画館 2F企画展示室 2017年3月18日~ 2017年6月25日(日) 終了
内容
トンコハウス展「ダムキーパーの旅」
担当
コミュニケーションプランニング/ 制作協力

一覧へもどる